自動車保険の利用法

自動車保険の利用法

人身傷害保険について

自動車事故を起こすことによって、道場をしている人が死亡してしまったとします。
この時もし自動車保険の中でも人身傷害保険に加入をしていれば、自己過失のところも含めて、補償をすることができるようになります。
自損事故やこちらの過失が明らかに大きな事故、相手が自動車保険に加入していないということになると、なかなか補償を受けることができなくなります。
しかし人身傷害保険があれば、相手との示談交渉関係なく、保証を受けることができるというメリットがあります。
すべての自動車保険についているわけではありませんが、歩行中やほかの自動車にのっている時に交通事故にあった場合でも、保証を受けられるような商品もあります。
ただし、これは保険会社によって内容が変わってくることもありますので、注意しましょう。
自動車保険の中には、契約をしている自動車ではない自動車に乗車をして事故を起こした場合には対象外としているものもあります。
また二輪自動車や原付に乗車をしていて、事故を起こした場合には、対象外としている人身傷害保険もあります。
ですからもし人身傷害保険を自動車保険につける場合には、どこまでが保障されるのかということをきちんと吟味することをお勧めします。

人身傷害保険をつけないと?

もし自動車保険に人身傷害保険をつけていないと、いろいろと不都合なことがおきるといわれています。
その中でも代表的な事例について紹介しておきましょう。
もし人身傷害保険がないと、自動車事故でけがをしてしまった場合、治療費や休業損害、慰謝料の請求は、相手の自賠責保険に対して請求をしないといけません。
またお金が支払われたとしても、通常は、一括払いではありません。
また請求にも時間がそれなりにかかってしまいます。
そこで、例えば、病院での治療費はいったん、自分で負担をしないといけない状況に陥る可能性があります。
人身傷害保険に加入をしていない場合、自動車保険に加入していても、すべての自動車事故の事例に対して保険会社が介入をしてくれるわけではありません。
また人身傷害保険に加入をしていないと、被害者として保険会社に請求をしても過失が考慮される可能性があります。
被害者でもあなたの過失によるところも大きいと保険会社が判断をしてしまえば、保険金が減額されてしまうという可能性もあります。
その結果、十分な賠償金を受け取ることができなくなってしまう恐れもありますので、自動車保険にせっかく加入するのであれば、人身傷害保険もつけておくべきです。

■注目の情報



Copyright(c) 2014 自動車保険の利用法 All Rights Reserved.